歯周病治療

東高円寺歯科クリニックの歯周病治療

東高円寺歯科クリニックの歯周病治療

「歯を磨くと歯ぐきから血が出る……」
「歯がグラグラする……」

上記に心当たりがあるあなたは、もしかしたら歯周病かもしれません。歯周病は強い痛みをともなわないまま、知らず知らずのうちに進行していくためサイレントディジーズ(沈黙の病気)とも呼ばれています。歯周病は治療よりも予防が大切なのです。そのため、東高円寺歯科クリニックでは予防に重点を置いて入念な検査のうえ、適切な治療を行っています。

検査方法

ポケット診査

歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)の深さを測定します。歯周病は進行するほど歯周ポケットが深くなるので、進行度合の指標となります。

検査方法

歯の揺度の検査

歯とあごの骨にある組織(歯根膜)に炎症があると骨の結合が緩み、歯がグラグラするようになります。放置しておくと最終的に歯が抜け落ちてしまうため揺度の検査は欠かせません。

レントゲン検査

レントゲン検査

歯周病が進行すると、やがてあごの骨が徐々に溶かされていきます。レントゲン撮影ではこの骨の密度を調べることで症状を確認します。

咬合のチェック

噛み合わせは歯周病の直接的な原因ではありませんが、歯並びの乱れが歯周病を助長しているケースがあります。

歯周病治療

歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケットの深さが3~5mmのときに行います。歯周ポケット内の歯垢や歯石を除去します。
フラップ手術に関して
歯周ポケットの深さが6mm以上のときに行います。歯ぐきを切開して、露出した歯根に付着した歯垢や歯石を除去します。
GTR
フラップ手術後に歯周ポケットに特殊な保護膜を設置し、歯根膜や歯肉などの再生を促します。
エムドゲイン
フラップ手術後にエムドゲインゲル(※)を塗布し、歯肉を再生します。
※歯が生えるときに重要なはたらきをするタンパク質の一種です

PICK UP レーザーを用いた歯周治療
歯周ポケットなどの患部にレーザーを照射し、歯周病菌を殺菌します。ある程度進行した歯周病にはレーザーメスとして使用し、膿を出すこともできます。ほとんど痛みがなく短期間で治療できるといった利点もあります。