インプラント

当院のインプラント治療

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

インプラント治療は人工歯根を直接あごの骨に埋め込み、その上に人工歯を被せることで自分の歯に近い咀嚼機能まで回復させる治療です。安定した噛み心地と美しい見た目から、第二の永久歯とも呼ばれています。

東高円寺歯科クリニックの取り扱いインプラントメーカー
当院では症例実績が多く世界的にも信頼性の高いノーベルバイオケア社、CAMLOG社製のインプラントを使用しています。

検査にはノーベルガイドを使用
ノーベルガイドとは、コンピュータソフトを利用して、より正確な治療シミュレーションを行える治療機器のこと。口腔内の状態を正確に把握でき、インプラントの適切な埋入位置を確認できます。従来では切開手術が必要だった治療でも、切開が不要になるなどのメリットがあります。

骨の量が足りない場合、骨再生治療が必要です

骨の量が足りない場合、骨再生治療が必要です

インプラント治療を受けるには、人工歯根を支えるだけの骨の厚みや幅が必要になります。歯周病によって骨がやせていて治療に充分な骨量がない場合などには、骨を再生する治療を先に行います。

ソケットリフト

ソケットリフト

インプラント治療に必要な骨の厚みが足りない場合(3~7mm以上)に行います。インプラントを埋め込む穴に骨補填材を注入し、専用の器具を用いて上顎洞を真下から押し上げて骨の厚みを確保します。サイナスリフトに比べ傷口が小さく済むので、術後の腫れはほとんどありません。

GBR法

GBR法

骨が不足している部分に人工骨材や自家骨を用いて再生させます。インプラント手術と同時に行うこともあります。