審美歯科・ホワイトニング

とびきりの笑顔、審美歯科が叶えます

とびきりの笑顔、審美歯科が叶えます

審美歯科は美に対する意識が強い方に選ばれている、歯のエステともいえる診療科目です。単に治療を行い悪い部分を改善するだけでなく、プラスαで“美しさ”を加えた処置を施します。白く輝く美しい歯は気になる口元のコンプレックスを解消し、あなたの笑顔をさらに魅力的にしてくれることでしょう。

用いる素材について

オールセラミック

オールセラミック

メリット デメリット
  • 見た目が自然
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 他の素材に比べて固く、他の歯を傷めるおそれがある
  • 他の素材に比べて強度は劣る

治療例

セラミッククラウン……セラミックでできたクラウン。被せ物として使用します。
ラミネートベニア……セラミックの薄い板。前歯につけて使用します。

ジルコニア

メリット デメリット
  • 見た目が自然
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 強度に優れている(セラミックの2~3倍)
  • 費用が高い

治療例

ジルコニアクラウン……ジルコニアでできたクラウン。被せ物として使用します。
ジルコニアブリッジ……ジルコニアでできたブリッジです。

メタルボンド

メリット デメリット
  • 強度に優れている
  • ジルコニアに比べて費用が安い
  • 歯肉の変色のおそれがある
  • 金属アレルギーのリスクがある

治療例

メタルクラウン……メタルボンドでできたクラウン。被せ物として使用します。

ハイブリッドセラミック

メリット デメリット
  • 固すぎず他の歯を傷めるおそれがない
  • 破損した場合の修復が比較的簡単
  • 磨り減りやすい
  • 歯の色調がやや劣る

治療例

ハイブリッドクラウン……メタルボンドでできたクラウン。被せ物として使用します。

PICK UP ファイバーコアの紹介

コアとは歯の土台となる部分です。従来はメタルコアが主流でしたが、ファイバーコアは金属ではなくグラスファイバー(特殊繊維)を用いたコアです。象牙質に近いしなやかさを持ち、衝撃を吸収する特性があるため、メタルコアのように力が加わったときに割れるといった心配はほとんどありません。金属アレルギーのリスクがなく、サビることもないため長期の使用にも向いている素材です。

ホワイトニング

術前

術後

当院では自宅で簡単にできるホームホワイトニングをおすすめしています。方法は簡単、歯科医院で作製したマウストレイに専用の薬剤(オパールエッセンス※)を注入し、毎日寝る前などに数時間装着するだけで歯の美白を実現できます。効果を実感するまで2週間ほどかかりますが、歯科医院で行うオフィスホワイトニングよりも色落ちしにくく、白さが長持ちするのが特徴です。

※オパールエッセンス

当院ではホワイトニング剤にオパールエッセンスを使用しています。粘性が高く、従来の問題であった「マウストレイから液がもれる」といったデメリットを解消しています。

ホワイトニングキット

一式 17,000円(税抜)
(マウスピース5,000円、薬剤(2週間分)12,000円)

ガムブリーチ

薬剤やレーザーを使用し、歯ぐきの着色汚れを落とす処置です。メラニン色素の沈着や歯科用金属の使用による色素沈着に有効です。当院ではレーザーによるガムブリーチを行っています。処置時間は30分程度。治療後にヒリヒリすることがありますが、2、3日ですぐにひくのでご安心ください。