一般歯科・予防歯科

むし歯治療

むし歯は口腔内の細菌が出す酸によって、歯が徐々に溶かされていく病気です。経験されたことのある方は多いと思いますが、原因についてご存じの方は少ないのではないでしょうか? むし歯の原因については、細菌を含んだ以下の4つの要素が関係していると考えられています。

むし歯になる4つの原因

むし歯菌 糖質
口腔内に潜むミュータンス菌は、むし歯の原因のひとつです。 むし歯菌が糖分を分解し、歯を溶かす酸をつくります。
歯質 時間
歯質(歯の性質)によって、むし歯のなりやすさが異なります。 食後からブラッシングするまでの時間が長いと、むし歯リスクが高まります。

進行段階・症状・治療法

むし歯の進行段階は大きく5つに分けられます。C0からC4まであり、後ろの数字が大きいほど症状が進んでいることを示しています。

進行段階 症状 治療方法

C0 初期のむし歯

C0 初期のむし歯

むし歯部分が白く濁って見えます。肉眼では確認が難しく、痛みなどの自覚症状はありません。この段階であれば簡単な処置で治ります。
  • 正しいブラッシング
  • フッ素塗布 など

C1 エナメル質のむし歯

C1 エナメル質のむし歯

むし歯部分が茶褐色になります。C0同様、痛みなどの自覚症状はまだありません
  • レジン(詰め物) など

※C1までは、麻酔を使わずに治療できます。

C2 象牙質のむし歯

C2 象牙質のむし歯

神経に近い部分のため、歯がしみたり、痛んだりします。
  • レジン
  • クラウン など

C3 歯の神経のむし歯

C3 歯の神経のむし歯

何もしなくても、激しく痛みます。
  • 根管治療(※) など

C4 末期のむし歯

C4 末期のむし歯

歯の神経が死んでいるため痛みを感じなくなります。ただし、膿が出るようになると強烈な痛みをともないます。
  • 抜歯
  • 入れ歯、ブリッジ、インプラント など

※根管治療 ~重度の虫歯治療~
C3・C4までむし歯が進行した場合、神経の管(根管)の中を清掃して歯根の先まで薬を入れる根管治療が必要です。根管はクラウン(被せ物)の土台となる部分であるため、入念な検査のうえで治療を行います。

予防歯科

定期健診でむし歯を防ぎましょう

進行すると痛みをともなうむし歯も、予防をすれば怖くありません。自覚症状がなくても定期的に健診を受けることで予防でき、むし歯があっても早期発見・早期治療ができます。

定期健診で行う処置

定期健診で行う処置

  • ブラッシング指導……お一人おひとりに最適なブラッシングをレクチャーします
  • フッ素塗布……歯質を強くしむし歯菌の出す酸への耐性を高めます
  • PMTC……歯のクリーニング。ブラッシングでは除去しきれない汚れを落とします

レーザーを用いた歯科治療

レーザーを用いた歯科治療

当院ではレーザーを用いた歯科治療を行っています。生体にもっとも安全とされる炭酸ガスレーザーをむし歯治療のほか歯周病治療、ホワイトニング(ガムブリーチ)などに使用します。

レーザー治療のメリット

  • 治療期間が短くなる
  • 傷や炎症が早く治る
  • 麻酔を使用せずに治療できる
  • 免疫機能が高まる
  • 止血作用があり出血が少ない
  • 副作用が少ない